HOME健康診断コース > 婦人科検診(乳がん、子宮がん検査)

婦人科検診(乳がん、子宮がん検査)

婦人科検診(乳がん、子宮がん検査)
年齢を重ねるにつれて、女性のカラダは背負うリスクが増えていきます。 子宮のトラブルや、乳がんなどの病気は決して人事ではないのです。
病気の早期発見や、不調解決のために1年に一度は婦人科検診を受けることをお勧めします。
乳がん検査
マンモグラフィー検査
マンモグラフィー マンモグラフィー検査とは乳房のエックス線検査の事です。 乳房を圧迫し、撮影を行うので小さな病変も検出することが出来 ます。また触診で触れることが出来ないしこりも検出され ますので、マンモグラフィー検査を受診されることは、乳がんの早期発見にとても有効とされています。 検査所要時間はおよそ15分から20分程度です。 検査料金 ※上記金額は女性医師による乳房視触診検査を含みます
乳腺エコー検査
乳腺エコー 乳腺エコー検査とは、超音波を乳房にあて乳腺を映し出し、異常が無いか調べる検査の事です。 検査をする際には、仰向けでベッドに寝ていただき、乳房にゼリーを塗り探触子(プローベ) で画像確認をします。エックス線検査と比べ身体への影響が少ない為、妊娠中の方や授乳中の方でも安心して検査を行うことができます。検査所要時間はおよそ20分から30分程度です。 検査料金 ※上記金額は女性医師による乳房視触診検査を含みます

ページトップへ

検査項目
子宮頸がんとは??
子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)に出来るがんです。初期の段階では自覚症状が殆ど無い為、しばしば 発見が遅れてしまいます。 特に若い世代に多いがんで、近年では20~30歳代で急増しています。
子宮頸がんに罹る一番大きな要因は、性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染です。全女性の約70~80%がこのウイルスに感染していると言われています。
ヒトパピローマウイルスは一過性の感染ですが、一部の人は体の免疫機能で退治することが出来ず、前がん病変をつくり、高い確率で子宮頸がんとなります。
子宮頸がん
子宮頸部細胞診検査
子宮の入り口をブラシで擦り、細胞を採取し悪性の細胞が存在しないかを検査します。
検査結果はClassⅠ~Ⅴの判定で出ます。 検査所要時間は5分程度で行えます。生理中でも検査は受けられますが、検査の正診性が低下する為、なるべく避けるようにお願い致します。 また妊娠中でも検査は行えますが、予約時に必ずその旨をお伝え下さい。
子宮頸部細胞診金額 ※上記金額は女性医師による婦人科問診・内診を含みます
ヒトパピローマウイルス検査
多くの型が存在するヒトパピローマウイルスの中でもがんを引き起こすとされる型に感染していないかを調べる検査です。 子宮の入り口の細胞を採取し、子宮がんの原因ウイルスが存在しないかを検査します。子宮頸部細胞診検査と併せて受診することも可能です。検査結果は 陰性・陽性の判定で出ます。検査所要時間は5分程度で行えます。 子宮頸部細胞診金額 ※上記金額は女性医師による婦人科問診・内診を含みます

ページトップへ

お申し込み方法
  • お電話(TEL.047-377-8008)またはFAXにてお申し込み下さい。
    FAXでのお申し込みの際には、申し込み用紙をダウンロードしてご利用下さい。
    必須事項をご記入の上、当センターまでFAX(047-377-3232)にて送信して下さい。 申し込み用紙の確認後
    当センターより予約確定の為、折り返しご連絡をさせて頂きます。
ご注意事項
  • 市川市助成がん検診受診券をお持ちの方は必ずご予約時にお申し出下さい。
  • 市川市の子宮がん検診は実施しておりませんので、ご注意ください。
  • 妊娠中の方、またはその可能性のある方はお申し出下さい。
  • 検査日当日に生理中の方はお申し出下さい。
  • 乳がん検査をお申込みの方は、当院でご用意している検査着に着替えて頂きます。
健診結果について
  • 受診された健康診断の結果は約2週間前後でご登録頂いたお住所へ郵送(親展)いたします。送付先にご指定のある場合は検査日当日にお申し出下さい。

ページトップへ